投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


手紙~拝啓二十の君へ

 投稿者:gustav  投稿日:2014年 4月20日(日)10時52分19秒
返信・引用
   19日ETVの「拝啓二十歳の君へ」と言うアンジェラ・アキと中学生の交流は放送されました。ご覧になりましたか? 文京50回定期の「拝啓50の君へ」で文京をこれまで支えてくれた方々に「感謝」したいという思いがありましたが、番組では中学生から成人した人たちの目を通してもっと鮮明に感動的に描かれていました。再放送などで見ていただけたらと思います。その中で「人生の全てに意味があるから 恐れずにあなたの夢を育てて keep on believing」と言う歌詞が胸を突きました。今はやっと音が取れて拙いリズムで歌っていますが、はつらつと心から歌っている中学生に是非見習って、そしてアンジェレ・アキの心にも触れたいものだと感じます。  

お待ちしています!

 投稿者:朝倉  投稿日:2014年 3月26日(水)20時09分41秒
返信・引用
  gustav 様、定演PRありがとうございます。

皆さんお元気で、これからの定演ステージに向かって懸命な努力をされていること、この伝言板でひしひしと伝わってきます。

今回も、すばらしいゲストをお迎えし、楽しいステージになると思います。
皆さんのご来場お待ちしています。

松戸混声合唱団
朝倉浩之
 

26日水曜日「春に」他

 投稿者:gustav  投稿日:2014年 3月22日(土)23時56分55秒
返信・引用
  「春に」を聴いてみましょう。
以前に文京を振っていただいたことのある「山下一史」さんの指揮です。

[NHK-BSプレミアム]
2014年3月26日(水) 午前6:00~午前6:55(55分)

美しい日本を歌う~日本の合唱曲

【演奏曲】「春に」(作詞:谷川俊太郎、作曲:木下牧子)、
         混声合唱組曲「筑後川」(作詞:丸山豊、作曲:團伊玖磨)
         混声合唱とオーケストラのためのカンタータ「土の歌」(作詞:大木惇夫、作曲:佐藤眞)

【出演】東京混声合唱団/斎木ユリ(ピアノ)/山下一史(指揮)/東京フィルハーモニー交響楽団
 

松戸混声合唱団様から定期演奏会のお誘いが来ています。

 投稿者:gustav  投稿日:2014年 3月 6日(木)16時35分53秒
返信・引用
   松戸混声合唱団のAsakura様から定期演奏会のお誘いと招待券を送っていただきました。

 2014年4月13日(日)14:00開演 松戸森のホール21大ホール 指揮 横山和彦
 曲目:F.Shubert Stabat Mater D383
       「思い出の映画音楽」真珠とりの歌、天使にラブソング、ゴットファーザー、慕情等の加え
   「レ・ミゼラブル」も歌われます。
    ソロはいつもながらうらやましい程の錚々たるメンバーです。
    Sop.平井香織、Ten.山本耕平、Bass.斉木健詞 管弦楽チャッピーフィルハーモニーオーケストラ

  来週(12日)に練習に持参しますので、多くのメンバーで鑑賞しましょう。
 

定演曲目

 投稿者:gustav  投稿日:2014年 3月 5日(水)00時21分38秒
返信・引用
   定演の第2部で演奏する曲目案です。合宿までに音の確認をしたいと思います。
 Memory(Cats)
 They Live in You(Lion King)
 Bring Him Home~Do You Hear The People Sing(Finale)

 Memory以外は過去の定演で演奏した楽譜なので、お持ちの方は用意しておいてください。
 

手紙

 投稿者:murakawa  投稿日:2014年 1月25日(土)19時52分1秒
返信・引用
  アンジェラ・アキが歌っています。

他のもありますがこれを聴いてみましょうよ!

  クリック↓

http://www.youtube.com/watch?v=h0gUnM2FUr8
 

つどいCD持っていきます

 投稿者:gustav  投稿日:2014年 1月20日(月)11時56分39秒
返信・引用
   「つどい」お疲れさまでした。寒い中体調が万全ではない方も多かったのですが、皆様の協力と知恵で予想よりいい出来で歌うことができました。ありがとうございました。
 CDはあずかっていますので、コピーして22日に持っていきます。
 One Day Moreの6ページ「36小節」のBass「One day more..」は「One more day..」に変更します。22日は新しい楽譜を持っていきます。
 

年頭にあたって

 投稿者:gustav  投稿日:2014年 1月 1日(水)22時54分1秒
返信・引用
  2014年 年頭に当たって

「とにかく歌い続けましょう。」

 歌って、練習して、演奏してそして良かったねと言われる事は何にも代えがたい喜びです。この喜びのためには、とにかく歌い続けることです。音楽が好き嫌い、優しい難しい、上手下手等よりまずその場にいなければ何もできないのです。

 かつてお客様がとても喜んでくれた演奏、自分たちでとても納得できた演奏などこれは個人ではなくその演奏に絡んだ全ての方々の共同の賜物であったはずです。

 そのために一人一人が必要で、それが合唱です。指揮者やピアニストやソリストではなく合唱がそこにあるんです。ミュージカルでも「One for All, All for One」(一人は皆のために、皆は一人のために)と歌われています。

 そうして「第50回の定期演奏会」が開催できる喜びをみんなで味わいましょう。


 第2部のミュージカルについてですが、難しい、大変だと感じる前にやっていただきたいことがあります。
 このような音楽を歌う時に、是非わかって欲しいことがあります。多くの方は「外国語」と言うことに困難さを感じていらっしゃることと思いますが、その前にメロディーは歌えていますか?言葉が難しいと思いながら肝心のメロディーまで難しいと思っていませんか?

 音楽は音楽自体が言葉でありメッセージを持っています。歌詞のない器楽曲で私達は涙する事もあります。歌詞がなくてもメッセージは通じているのです。だから「ラララ」で良いので、まずメロディーを確実に歌えるようにしましょう。これから練習を進めていく中で、ミュージカルに限らず次のようにしましょう。

①メロディーをきちんととらえよう。それまではラララでもアーでもかまいません。
②何を歌っているのかを理解しましょう。外国語はそれなりに辞書や対訳を活用してください。これは日本語でも本来同じですよね。
③外国語の発音を思い切り大きな声でやってみましょう。発音の練習は人の「まね」しかありません。皆さんそうやって身につけてきたのです。声に出さなければ上手になりません。思いっきり間違って、直してもらいましょう。

 また演奏会が楽しみになってきました。今年もいい合唱を楽しみましょう。

                                   鈴木 哲雄
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:gustav  投稿日:2014年 1月 1日(水)10時42分44秒
返信・引用
   いよいよ今年は50回目の記念定期演奏会の年ですね。
 私たちがずっと守ってきたそして、楽しませていただいた時間と空間そして皆で共感できる「合唱」と言う世界を自分のできる範囲で歩んでいきたいと思います。
 今年も皆様にとって素晴らしい年となりますように、力を合わせていきましょう。

 今日のサンケイ新聞の「正論」に「日本人にかえろう」という見出しで年末の「第9」のことが語られていましたが、読んでみてびっくり!! 皆さんはいかがですか?
 

お待たせしました。DVDできあがりました。

 投稿者:gustav  投稿日:2013年12月14日(土)13時56分1秒
返信・引用
  7月の定期演奏会のDVDがやっと出来上がりました。
細かい編集を経て、皆様の演奏が丁寧に撮られていますので、是非ご覧ください。
18日の練習に持っていきます。ご希望をお聞かせください。

「照ねぇ・・」のDVDの希望もお聞かせください。増盤します。
 

/33