teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


今日は須藤治療院で施術でした

 投稿者:ボディビル津田  投稿日:2017年 8月23日(水)20時44分55秒
編集済
  今日は須藤治療院(北海道千歳市)の整体施術で 調整して頂きました。
前より状態が良いせいか、整体内容がだいぶ淡々としたものになって来ました(笑)。

腰椎の後傾(いわゆる猫腰)もかなり改善に向かい もう少しなようですが、背中(胸椎)は逆にもう少し盛り上がるほうがバランス的に良いとの事です(理想的な脊柱のS字カーブまでにはまだもう少し!)。これはまだ腰椎に後傾がややあることが背景にあるのではないか、と言われました。
さらには、このやや猫腰気味の影響で股関節周りの可動にも若干ながら影響をもたらしているようで、股関節周辺の調整はやや入念に行っていたようです。

股関節周りの硬さや不具合は スクワットに直結しますので、さらなる腰椎状況の改善が求められるところです。しゃがみ込んだ段階から挙げるには股関節のバネみたいなものを上手に使えなければ実現できませんからね!

超ぉ太い脚をしている世界チャンピオンの鈴木雅選手は、腰椎の状態がさぞかし良いのでしょうね☆
 
 

2日間開催が理想ですかね。

 投稿者:ボディビル津田  投稿日:2017年 8月22日(火)08時35分16秒
編集済
  大会があまりにも種類が多くて長時間なので、理想的には土日の2日間で開催とかなると良いかも知れませんね(まあ現実的には難しそうですが。。。)
土曜はフィージーク系、日曜はボディビル系 といった感じで。
ボディビル連盟のフィージークは、まだ模索段階という事なのですね。これからの成熟に期待したいところですね。

それにフィージーク大会はライトでソフトなイメージがしましたが、写真をみたら、なかなか素晴らしい肉体美の方々が多いようです。 ボディービルダーにも決して引けを取らないと思いました。

ボディビルのレベル上がって来ているようですし、だんだん通用しなくなって来ましたね。
頑張らねばとは思ってはいるのですが(笑)
 

フィジーク系

 投稿者:盛  英 信  投稿日:2017年 8月22日(火)07時46分29秒
  〇フィジーク系のコンテストが結構あるようですが、今年度をもってベストボディと同時出場は
 出来なくなくなります。
 詳しくは聞いていませんが、競技としての厳正なるドーピング対応が異なるようです。
 これらの競技はただでさえ、審査員の判断に委ねられますが、審査基準も不透明な気がします。
 (出場経験から)
 JBBFもまだ始まって間もない状況ですが、徐々に基準を固めていっている状況と思います。
 今回の審査も異常な緊張感で審査が終わって帰ってくると皆さん口をそろえて疲れを口にして
 いました。
 それは慣れないフィジーク審査・選手の多さと時間の短さによるものです。
 そして、選手が全力をあげてコンテスト向けての努力に対して厳正なる審査をすることの
 責任が緊張を余儀なくされるのです。
 審査員も以前は選手であり、その経験が審査に対して真剣に向き合うことで競技を支えて行く
 事だと思います。

〇今回は2大会という事もあり、時間もかかりましたが、ボディとフィジークの大会を分けること は北海道では無理ですし、私は反対の立場です。
 トレーニング・競技のどちらもやっている事は変わらず目的が違うだけです。

http:// 

 

ベストボディジャパンの件

 投稿者:ボディビル津田  投稿日:2017年 8月21日(月)17時35分27秒
編集済
  投稿の中にベストボディジャパンの言葉が出てきたので、ベストボディジャパンに関して投稿してみたいと思います。

https://www.bestbodyjapan.com/entry-bbj
ベストボディジャパンさんの大会概要のページです。

https://form.bestbodyjapan.com/esform/bestbodyjapanentry.php
ベストボディジャパンさんの公式エントリーページです。

上の2つのページを御覧ください。
正直、とても申し込みしやすいですね。全国の大会開催情報一覧が出ていて、その下に共用エントリーフォームがあるので、選択項目で大会名を選択してエントリーするだけです。

その反面、我がボディビル連盟は申し込むまでが複雑な気もしますね。
選手登録をし、全国どこかで開催されるであろうドーピング講座にも出なければなりません。 そして 大会情報を何かしらのルートから仕入れ、紙の申込書を郵送して、ようやっとエントリーできます。

この出場のしやすさという面では、さすがはベストボディジャパンです。営利目的なだけあって顧客(選手や観客)が行きやすいですね。

JBBFがエントリーしにくい背景には、かつては公認ジム経由からでないと出場できませんでしたが、2016年頃から規制緩和で個人でのエントリーも可能となったものの、古いシステム(公認ジム経由) と 新しいシステム(個人でのエントリー) が混在しているからだと思います。 ベストボディのシステムと比べると遅れている感じがします。 ここら辺は改善の余地ありですね。

一方で、公認ジム経由での出場は、秩序が保たれるというメリットもあります。ジムの看板を背負って出るので、薬物を使用したりとかがしにくくなり抑止力となります。

あまりにもオープン過ぎて変に拡大していくと、そのうち組織や団体が崩れて、分裂や消滅していくのが世の常です。
ベストボディジャパンさんも 我が日本ボディビルフィットネス連盟も、フィージークを増やしたり規制緩和の度合いを強めましたが、今後どうなっていくのかが注視されるところですね。

 

大会分割化

 投稿者:札幌厚別江別にこにこ整体院の津田  投稿日:2017年 8月21日(月)16時56分57秒
編集済
  『ボディビルとフィジークを分けるという意見もありますが、2大会を行う事の難しさ、とやはり、ボディビルのみの開催では運営の収支にも難しいものがあると思います。』
----------
確かにそれはありますね。
理想としては審査員やスタッフの負担を考えられると、大会分割化のほうが良いのかも知れませんね。朝から始まり 陽が暮れた後まで終わらないことを考えるとキツそうですね。
僕の私見ではありますが、団体そのものも分割化したらいいかと思っています。

日本ボディビルフィットネス連盟は『日本ボディビル連盟』に戻して、新たに『日本フィージーク連盟』を組織し、提携・出資していく形で分けてはどうかとも思いました。フィージークという名称は知名度が低いので、それこそ『ベストボディ』とか『マッスルマン』『マッスルボディ』の名称なんかどうかな~って(^^;)

ボディビルはコアな筋骨道を歩んでいって欲しいという気持ちもあります。
 

コンテストは大盛況

 投稿者:盛  英 信  投稿日:2017年 8月21日(月)07時18分50秒
  〇昨日の大会関係者の皆さん、長時間に渡りお疲れさまでした。
 コンテストは前売りで300枚完了で当日券も100枚以上売れたそうです。
 大盛況の要因は東北北海道併会、鈴木雅のゲストポーザーなどの要因はありますが、
 なんといってもフィジーク系の選手が多く出場している事が要因と思います。
 他の方も同様の考えのようで誰でも出場できる敷居の低い事がこれからも受けていくと
 思います。
 入場料も2000円とベストボディから比べると1/2・3の値段という事もあり応援者も気軽に
 応援出来ます。
 いずれにしても、トレーニング愛好者が競技という事を前提にトレーニングが出来ることは
 モチベーションも変わるため、トレーニングの質もアップすると思います。
 ボディビルとフィジークを分けるという意見もありますが、2大会を行う事の難しさ、
 とやはり、ボディビルのみの開催では運営の収支にも難しいものがあると思います。

〇フィジーク関係で応援に来ていた人も、鈴木雅選手の身体に圧倒されていたのではないで
 しょうか。
 私もそうですが、最初はビルダーのような筋肉はいらない、と考えていましたが、レベルアップ
 に従い高見を追求するようになります。
 その段階としてのフィジークの位置づけは絶対に必要であると思います。
 双方がいい方向に進むことが相乗効果を生むことだと考えます。

http:// 

 

盛さん審査員お疲れさまでした

 投稿者:ボディビル津田  投稿日:2017年 8月20日(日)20時26分15秒
  盛さん、審査員お疲れ様でした~。
予定表みたら、午前が北海道大会(ボディビル・フィージーク・フィットネス)、午後が東北北海道大会(ボディビル・フィージーク・フィットネス)で、終わりは19時とか20時でしたよね。
ずっと審査し続けるということは大変なことだと思います。
ゆっくり疲れを癒して頂ければと思います。

僕は何だかんだでやはり仕事で行けませんでした。
 

動的ストレッチお客さんに紹介しました!

 投稿者:ボディビル津田  投稿日:2017年 8月19日(土)19時32分39秒
編集済
  https://www.youtube.com/playlist?list=PLvv7ZRrlXHzpiQYeRye7hHQVunHAxKPKd

今日8/19土曜は、朝~19時半くらいまで整体業のお客さんで、まあまあ混んだ一日でした。それでも、まだまだですかね~。

ところで何人かのお客さん(患者さん)に、盛さんの 動的ストレッチのサイト↑をご紹介しました。
その中で、あるスポーツ競技をやっていて、ひょんな事から痛めてから開脚がやりにくくなったというお客様がいましたので、さっそくご紹介をさせて頂きました。
アスリートレベルの方なので、盛さんの動的ストレッチもこなせると思います。
盛さんの経歴も説明しましたので!!(笑)(2007年度 北海道ボディビル選手権大会優勝)
 

今日はスクワットはダメでした。

 投稿者:ボディビル津田  投稿日:2017年 8月18日(金)23時32分5秒
  今日8/18金曜 は スクワットがいつもよりダメでした。
150キロで6・7・6回でした(前回より1~2回少なかった)。

今日はお客さんが混んでいて、17~17時45分の空いてる時間に焦ってやってしまったので、アップ不足 や 18時からのお客さんの事を気に掛けていたメンタル面が問題だったような気がします。
素直に翌日に回すか、20時過ぎて患者さんが帰ってからゆっくりやれば良かったかも知れません。
でも翌日である19土曜も忙しく、夜は何か面倒くさい感じだったので、焦って17時に無理矢理やってしまいましたね。。。

まあ、しばらくは150キロのままです(笑)
 

動的ストレッチはやってますよ~

 投稿者:ボディビル津田  投稿日:2017年 8月18日(金)23時26分25秒
  動的ストレッチですが、僕もサボりがちですが実践はしてはいます(笑)
手首溶解法は常に気に掛けてはいます。
肩はおそらくオーバーワークな気がします。ベンチが他の種目と比べ鈍化気味だからムキになってしまってるのも悪い気がします・・・(‐‐;)

あと整体の中には必ず取り入れています。
ただし患者さんにやってもらうのではなく、僕がやっています。
手首を持ってプラプラとかですね~(これが手首溶解法にあたる部分!)

最初に歪み検査 → うつ伏せほぐし → 骨格矯正(整体器具や手技にて矯正調整) → 横向けでほぐし&矯正(股関節や骨盤などが主) → 仰向けで調整(腰椎などが主) → そして仰向けのまま、前腕ほぐしたり、手首プラプラしてあげます(これが手首溶解法にあたる!) → 首の牽引 → 坐位で胸椎調整 → 仕上げ&終了
というのが僕の整体の流れです。

手首プラプラにより最後の微妙な上半身のコリとかが緩和していく例が多いですね。
あと、どうしてもホグし切れない とか 調整し切れない際に、手首溶解法は何となく誤魔化すのにも良い!?(爆笑^^)
 

レンタル掲示板
/321