teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


パワーラック自作&補強 苦労記

 投稿者:ボディビル津田  投稿日:2017年11月30日(木)23時23分19秒
  私(ボディビル津田)のパワーラック自作&補強 苦労記 を配信しました!

http://www.nikoseitai.net/yubeotu/from2015/171201.html

 
 

公式サイトトップページ修正しました

 投稿者:ボディビル津田  投稿日:2017年11月30日(木)20時27分47秒
編集済
  2017年11月30日。トップページ 及び 17年12月以降に更新するページは、次世代のインターネット環境(HTML5形式)でも閲覧できるように修正しております。
まだまだ しばらくは旧形式でも問題なく閲覧できるのですが、いつかは新形式HTML5に切り替わるそうです。
ホームページは、専用のプログラム文字(タグといいます)で構成されているのですが、新形式HTML5では、大幅に改正され、一部のプログラムが使えなくなってしまうとの話なので、ダメになると言われているプログラム部分の修正を行ってみました。

http://www.nikoseitai.net/yubeotu/

 

パワーラック改造しました!②

 投稿者:ボディビル津田  投稿日:2017年11月27日(月)09時44分27秒
  前投稿のパワーラックの写真追記分です。
写真4枚目が改造後パワーラック全景
5枚目がセーフティラック部分の拡大画像
 

パワーラック改造しました!

 投稿者:ボディビル津田  投稿日:2017年11月27日(月)09時39分17秒
編集済
  過去に投稿させて頂いた通り、ここに来て、スクワットとかベンチプレスの重量が伸び始めてきました。特にスクワットが150キロで8回×3セットクリアしました。そうなると我が家のパワーラック公式の耐荷重量150キロを超えてしまうのです。
新しいのを買うにもお金が無いですので(今年は仕事の整体業売上が悪い☆涙&笑)、自作で何とかするしかありません。
そこで考えた挙句、パワーラックを下記の写真のように改造しました。
ツーバイフォー材(63ミリ×38ミリ)を縦に使うことで高重量にも耐えれるようにしてみました。

元々の標準のラック連結ボルトは 各々1本ずつ で耐荷重量150キロでしたので、鉄のラック部分本体と連結するボルトは各々2本ずつにしました。これで単純計算で300キロは大丈夫と判断しました(笑)【写真1枚目や3枚目】

潰れた時のセーフティラックも、木と木のつなぎ目部分には9センチの木ネジ2本をブッ刺し、さらに横から鉄の補助金具を入れて固定しました【写真2枚目】。これで様々な方向へのチカラが加わってもビクともしなくなりました。


実際にまずは150キロで実際にスクワットやってみましたが、これによりビクともしなくなりました!【写真3枚目】
たぶんこれで200キロはイケるでしょう!!(早くできるようになりたいものです☆彡笑)。
 

ベントロウ

 投稿者:ボディビル津田  投稿日:2017年11月20日(月)17時00分1秒
  ベントロウの臀部を引く(ハムがストレッチ状態)という感じですと腰が大丈夫そうでした。この体勢だと、その代わりハムストに『ピ~ン』とした張りが感じました(それでOKということですかね笑)
ベントロウをメイン種目の一つとして考えるのも良いかもしれませんね。
 

気をつけてみます

 投稿者:ボディビル津田  投稿日:2017年11月19日(日)21時15分4秒
  ベントロウの体勢を気をつけてみます。
また変化があれば、掲示板に参戦いたします(笑)!?
 

ベントロウの腰の負担

 投稿者:盛  英 信  投稿日:2017年11月19日(日)09時50分39秒
  〇私はベントロウで腰の負担をあまり感じません。
 まずは床からデッドリフトの要領で引き揚げます。それから上体を約45前後に戻し
 スタートとなります。
 この時、上体を前に倒すのではなく、臀部を後ろに引くように下げます。(ハムが゙ストレッチ)
 外見は似ていますが、上体を倒すと前かがみになり腰の負担がかかります。
 ウエイトを持った時の重心の位置が前になるほど腰の負担が大きいと思います。
 

パワージャケット

 投稿者:ボディビル津田  投稿日:2017年11月18日(土)20時45分9秒
  実は我が家のパワーラックとバーベルの耐荷重量が150キロまでなので、スクワットとかが、そろそろヤバイです。ディッピングベルトとかでも多少ウエイト負荷もプラスさせれますが、下記のようなパワージャケットの方が良いかと思っています。20キロのジャケットみたいです(笑)
https://www.bodymaker.jp/shop/g/gTG088/

これでスクワットが伸びていけば 180キロ以上で出来る計算になります。
ただ、まだまだ長い道のりですね。。。

現時点では、155キロでやっていますが、まだしばしクリア出来なさそうです。。。(笑)
 

また伸びました(笑)

 投稿者:ボディビル津田  投稿日:2017年11月18日(土)20時38分58秒
  盛さんのアドバイスがよかったようです。スクワットはさすがに上げたばかりなので155キロのままですが、ベンチプレスが80キロで各セット7~8回何とかできるようになりました。
80キロ台に回復したのは久々(数年ぶり?)です。早く100キロ台に戻したいところですね!

なお、器具も断捨離しているので、現在は基本種目しかできません(--;汗)
インクラインベンチはできません。 レッグカールもできません。
ダンベルフライならできます。 ベントロウはできますが腰への負担が大きそうですね~(笑)

22水曜は須藤治療院です。歪み正せば、また重量に変化がでるかも知れません。
 

8×3の応用

 投稿者:盛  英 信  投稿日:2017年11月16日(木)07時45分4秒
  〇津田氏の現状を聞いて頻度と強度のバランスが悪いと考えてメイン2種目の8×3を提案
 しました。
 元々8×3法はメイン2種目でしたが。2種目目をスロトレとしてことでオーバーワークを
 軽減する事が出来るようになりました。その反面、頻度や目的により強度不足となるため、
 発達が遅いという事態も出てきたのです。
 そのため今回の処方となり、それなりの結果が出たようです。

〇8×3法の応用として、例えばパワーであれば、
 メイン1ベンチ メイン2インクライン サブスロトレダンベルフライ
 メイン1スクワット メイン2レッグカール・エクステンション サブスロトレ メイン2種目
 メイン1デッド メイン2ベントロウ スロトレダンベルロウ
 などです。
頻度が週各部位2回の場合はオーバーワークとなりやすいため、現状把握し週2回目をメイン1
のみにする対策が必要です。
 
 

レンタル掲示板
/325